aufmacher_neu-1400

プラスチック業界の要望に対応

世界有数の国際プラスチック・ゴム産業展「K2016」がドイツ・デュッセルドルフで2016年10月19日から26日まで開催されます。ランクセスも同展示会で多様な高性能プラスチック製品を展示します。

注目を集める赤いアクセントカラー

messestand_bearb今 年、デュッセルドルフで開催される業界の主要展示会「K2016」は、プラスチックの製品、製造工程、課題解決などにおいて、最新情報の発信地となりま す。1週間の開催期間に3,100を超える出展者が自社製品およびサービスを紹介します。ランクセスは、今年4月に設立された合成ゴムの合弁会社 ARLANXEOと共同出展します。ランクセスブースでは、2013年に続き、今回も「ゴム通り(Rubber Street)」と称したエリアを設け、ドイツのゴム企業団体とポリマー業界に特化した出版社Dr. Gupta-Verlag社と共同で加工業者向けに様々な製品を紹介します。
ランクセスグループ関連の出展規模は、合計で1,200㎡超の広さを予定しています。

出展テーマ「Quality works」

今 回のランクセスの出展テーマは、「Quality works」です。これは、品質を軸とするランクセスの自社イメージと取組みを表しています。ランクセスの経営委員会メンバーであるフーバート・フィンク は次のように述べています。「このスローガンは、ランクセスの卓越した製品に焦点をあてているだけでなく、グローバル志向も意味しています。また、顧客志 向、優れたサービス、効率的なプロセスも表しています」ランクセスは、「K2016」でこのスローガンに沿ったキャンペーンを発表します。

デュレタン製のエンジンオイルパン

motoroelwanne_porsche_bearb

最近のオイルパンには、ポリアミド6.6よりも遥かに経済的で強度に差異がないポリアミド6が使用されています。最新事例として、「ポルシェ911カレラ」の新しい6気筒ボクサーエンジンに採用された、オイルパンモジュールが挙げられます。これには30%のガラス繊維で強化されたランクセスのポリアミド「デュレタンBKV 30 H2.0」が使用されています。

自 動車におけるエネルギーと燃費削減への関わりにおいて軽量化エンジニアリングは主要なテーマです。エンジンオイルパンの製造において、着実に金属からプラ スチックへの置き換えが進んでいることは明らかです。その最新事例として、「ポルシェ911カレラ」の新しい6気筒ボクサーエンジンに採用された、ランク セスのポリアミド「デュレタン® (Durethan®)」で製造されたオイルパンモジュールが挙げられます。ドイツ・ローネに拠点を置くPOLYTEC PLASTICS Germany GmbH & Co KGの、高度複合コンポーネントのプロジェクトマネジャー、ゲオルク・ソアレス氏は、次のように述べています。「この部品は新世代のエンジンに求められる 機能性の統合、軽量化構造、コスト効率に優れた製造といった特殊な要件を完全に満たしています」
このオイルパンモジュールは、POLYTEC社とポルシェ社の緊密な協力によって開発されました。
ランクセスは、ポルシェ社から委託された研究で、ポリアミド6で自動車のエンジンオイルパンを製造する実装性を検証。特に、新しいエンジンオイルと古いエ ンジンオイルに対する熱可塑性樹脂の安定性を計測するために、長期保存試験を実施しました。「ポルシェ 911 カレラ」向けのエンジンオイルパンは、30%のガラス繊維で強化された「デュレタンBKV 30 H2.0」でつくられた上部と下部部品で構成されています。ポリアミド6を使用することで、オイルパンの上部部品を1.3kgに、下部部品を1.8kgに それぞれ軽量化し、アルミニウムでつくられた既存製品に比べ、2kg以上の軽量化を実現しています。

電動自転車および電動スクーター用バッテリーハウジング

e_scooter_eb2_giallo_batteria_06-1_bearb

電動自転車や電動スクーターを製造するAskoll Holding srl社が、そのバッテリー用部品の製造に、ランクセスのPBT+ASAを採用しています。ランクセスのPBT+ASAは、「ポカン®(Pocan®)AF4110」の商標名で販売される予定です。 Photo: Askoll

ランクセスは、同展示 会において、イタリアで開発およびデザインされた2人乗りの電動スクーターである「eS2」を紹介します。「色彩豊かな復古調の最高品」と言えるこの製品 は、Askoll Holding srl社によって生産されており、電動自転車用バッテリー用ハウジング部品を製造する同社は、ランクセスが今後「ポカン®(Pocan®)AF4110」 の商標名で販売する新素材に信頼を寄せています。この新しい難燃コンパウンドは、電子・電気の分野で素材の表面積が広い、幾何学的に複雑なケーシング用に 設計されています。ランクセスのハイパフォーマンスマテリアルズ(HPM)ビジネスユニットのイタリア/スイス地域担当のセールスマネジャーであるファビ オ・パッセーリは述べています。「ランクセスの素材の強みは、低そり性と優れた難燃性に加えて、耐化学薬品性、熱安定性、衝撃強度に関して厳しい要求を満 たしていることです。安全な工程で超音波溶接も可能となります。さらには、優れた色安定性を備えるため、部品に対して、追加の紫外線予防のラッカー塗装の 手間を省くことができ、コスト削減となります」

 

軽量家電製品

lxs-img_simulation_walzentraeger_2_03-bearb

ランクセスは、幅広い素材を供給しており、お客様の開発段階におけるプロセスシミュレーションなどの協力も行っています。フードプロセッサーのローラーサポートの場合、接続ポイントとエアトラップをなくし、反りを最小限に抑えるため、射出成形によるプロセスシミュレーションを行いました。

ラ ンクセスのプラスチックは、一般家庭用にも幅広く使用されています。その一例としては、高品質の家電メーカーのフードプロセッサー用ローラーサポートが挙 げられます。これはランクセスの「ポカンC 3230 XF (XtremeFlow)」(ガラス繊維30%で強化されたポリブチレンテレフタレートとポリカーボネートの混合物)でつくられています。HPMビジネス ユニットの主要顧客セールスマネジャーであるハンス-ヨアキム・クレッペルは次のように述べています。「高い機械的負荷にさらされる精密部品は、ランクセ スの素材を使用することで、薄肉デザインが可能となるだけでなく、部品の変形を抑え、形状の安定性を高めます」ランクセスは長年に渡りこの家電メーカーに オーダーメイドの素材を供給しており、ローラーサポートの開発段階における機械やプロセスシミュレーションなどの協力も行っています。
フードプロセッサーは、すり潰す、きざむ、混ぜる、泡立てる、かき混ぜる、練るといった多数の機能を備えているため、ローラーサポートは、複数の部分が強 化されたリブや、多くの凹部、接続ポイント、ガイド部を備えた複雑な部品となります。クレッペルは「ランクセスの『ポカン』の良好な流動特性によって、こ の複雑な部品は1.2から3ミリの薄壁で射出成形することができます」と述べています。

 

 

「テペックス」について

broschuere_tepex_vor_auto_1_03_bearb

ラ ンクセスグループ傘下のボンドラミネーツ社の半仕上げコンポジットである「テペックス® (Tepex®)」の関心が高まっていることから、ランクセスは、「K2016」でご提供できるよう、熱可塑性コンポジットの利点、軽量化設計の可能性、 同製品群に関する情報を掲載した「テペックス」の取り扱いパンフレットをご用意しています。同パンフレットには、熱成形やハイブリッド成形など、「テペッ クス」の多岐に渡る加工方法、加熱技術、そしてドレーピングおよび統合的なシミュレーションを用いたコンポーネントの設計や計算についても詳細情報が掲載 されています。

パンフレットは、技術者をはじめとし、同技術に興味をお持ちの方々(マーケティング及び購買担当者など)向けにつくられてい ます。 パンフレットは、「K2016」のランクセスの展示ブースにてご用意しております。または、下記URLからダウンロードして頂くこともできます。 www.tepex.de.

ランクセス、プラスチックをカラフルに

macrolex_03_bearb

マクロレックス® Gran : 非晶性および半結晶性プラスチックを鮮やかに着色する有機染料

ラ ンクセスのラインケミーアディティブス(ADD)ビジネスユニットは、非晶性および半結晶性プラスチックを鮮やかに着色する有機染料「マクロレックス® Gran」を展示します。この着色剤はマイクログラニュールのため、パウダーやコンパクトグラニュールと比べて、分散性、加工特性、安全性において非常に 優れています。「マクロレックス」マイクログラニュールは、容易につぶされる中が空胴の微顆粒球状からなっており、素早く、均一かつ完全に分散し、プラス チックに吸収されます。色によって異なりますが、中空球は約2~10ミクロンの間の微細一次粒子からなるため、卓越した製品加工性を発揮します。

ま た、「マクロレックスGran」は、粉塵が発生しない程度の大きさを確保しつつ、粒径がパウダーよりも小さいため、プラスチックに迅速かつ完全に溶解しま す。良好な自由流動性を備える0.3mmの球状は、正確な計量がしやすく、混ぜ合わせる工程においても塊になるのを防ぎます。また、パウダーと比べて、か さ密度が4倍高くコンパクトなので、加工、輸送、保管にも適した形状です。

新しい加水分解防止剤

また、ADDビジネスユ ニットは、プラスチックおよびポリウレタン向けの幅広い加水分解防止剤を紹介します。新しい添加剤「スタバクゾール®(Stabaxol ®)P110」は、新シリーズの初の製品で、従来と異なる原料からの低ガス排出型ポリマータイプのカルボジイミドです。ランクセスは、この製品によって、 顧客ごとのニーズに応えます。この加水分解防止剤は、加水分解防止性能、安全性、排出ガス、取扱い性に関して大幅な改良が加えられました。

「ス タバクゾールP110」は、熱可塑性プラスチック(PETおよびPBT)や熱可塑性エラストマー(TPE-E)に使用することで、卓越した性能を発揮しま す。また、バイオプラスチックであるポリ乳酸(PLA)への配合では、高温多湿な条件下で製品寿命を大幅に延長します。
代表的な用途は、製紙業界でのスクリーン用のモノフィラメント、ケーブル被覆、射出成形製品、電化製品のハウジング用などです。

常に“Quality”を重視

rhenowave_03_bearb

レノウェーブインライン品質管理システムは、ゴム加工業者のために開発され、タイヤ製造、プロファイル、高い技術を要するゴム製品の製造において、優れた工程管理を行います。特に押出し過程において、一層の品質レベルを実現します。

ADDは、同展示会でゴム加工業者向けの「レノウェーブ ®(Rhenowave®)」インライン品質管理システムを実演します。ADDは、すでにこのシステムを、ランクセスの2拠点におけるブラダー製造過程で 取り入れています。ADD のゴム添加剤ビジネスラインの責任者であるフィリップ・ユンゲは次のように述べています。「『レノウエーブ』を使用することで、ゴム加工業者は押出し過程 において一層の品質レベルを実現することが可能となります。分析データは、製造中に継続的にインラインシステムで収集されるので、特定の試験項目に限ら ず、製造量全体の品質に関する情報が入手できるのです。これは『レノウエーブ』の利点でもあり、コスト効率も向上します」

「レノウエーブ」 は既存の押出機の上に取り付けられます。計測は容積的に、非破壊的に行われ、代表的なデータを得ることができます。これは従来の試験方法(サンプルを採取 し、その後ラボで分析)の弱点を解決します。「レノウエーブ」を使用することで、コンパウンドは押出し機を出て1秒以内に、品質が評価されます(インライ ン管理)。コンパウンドのほぼ100%は、この方法で分析することが出来ます。コンパウンドの品質が不十分な場合、最終製品を待つことなく、すぐに認識さ れます。ユンゲは述べています。「これによって必要な修正は、大幅な遅延なく実施し高品質を確保できます。また、不良品発生率を最小限化することで、コス ト削減を実現します。ランクセスは、お客様の要望に沿ったレノウエーブ装置を製造します」

詳細は下記のURLをご覧ください。 http://lanxess.com/en/corporate/products-solutions/trade-fair-calendar/k-2016/「K2016」のランクセスブース(ホール6ブース番号C76)で皆様をお待ちしております。