pflanze

ランクセス、国連の持続可能な開発目標をサポート

2015年9月25日、ニューヨークで開催された国連サミットで、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。その目的は、地球上のすべての人々が尊重され平和に生活できるようにすることです。17の持続可能な開発目標(SDG)では、経済、環境、社会の分野における持続可能な開発を掲げています。国際社会のすべての国々が2030年までに主要な地域で人と環境の状況を改善するよう求められています。


この目標は、「あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ」、「すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用および働きがいのある人間らしい仕事を推進する」、「持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する」など、多岐にわたっています。

教育の推進

ランクセスもまた、この目標すべてに対して貢献しています。特に世界的な実績ある取り組みの1つが目標4の「すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」です。

Foto 9_Schulspende14_23ランクセスにとって教育は未来です。化学品メーカーとして私たちは社員の訓練と継続的な教育に投資を行っているだけでなく、学生が自然科学に関心を持てるような試みを組織的に行っています。ワークショップやプロジェクト週間といったイベントの開催、また小学生に実験材料や教材を提供することで、近隣の小学校を支援しています。長年にわたり積極的に行っている教育活動は、ランクセスグループが果たすべき社会的責務の重要な柱です。ランクセスは、2008年から幅広い目的の効果的な支援を国内外で提供しています。

Find more information

すべての人々のための水

wasser他にも「すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」という目標があります。ランクセスのイオン交換樹脂「レバチット®(Lewatit®)」や逆浸透膜エレメント「レバブレン®(Lewabrane®)」は、水やその他の液体を脱塩し、不純物を除去することができます。その結果、これらの製品は、地球上の生物にとって必須要件である水の入手に大きく貢献しています。

Find more information
社会的責務の遂行

国連はまた、目標16に「持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する」ことを謳っています。ランクセスは社会的責務についても高い意識を持っており、ドイツ国内の各拠点で難民を支援しています。計40万ユーロの資金援助が、ケルン、ドルマーゲン、レバクーゼン、クレーフェルトなどでの選定されたプロジェクトに充てられています。「私たちは、亡命希望者が直面している苦痛を軽減し、彼らの将来の可能性が開けるような、有益な貢献をしたいと考えています」と、ランクセスAGの経営委員会メンバーであるレニェー・ファン・レッセルは述べています。

Find more information