Olympia

見えない所で重要な役割を担う

このたび、ブラジルのリオデジャネイロで夏季大会が開催されました。2016年8月5日から8月21日まで、200の国・地域から約1万人の選手が参加し、28の競技が行われました。また、9月8日から9月19日までパラリンピックが開催されています。様々な競技で選手たちは輝かしい活躍を見せてくれていますが、ランクセス製品もこの大会でその一翼を担っているといえます。例えば、スタジアム、ボール、マット、トラック、屋内競技場のフロア、人工芝など、重要な場面で選手を支えています。

Stadionsitze

記録的なパフォーマンスに観客が熱狂すると、座席には大きな負荷がかかります。スタジアムの座席は歓喜に沸く観客の負荷にびくともせず、最大600キログラムの動的荷重に耐えなければなりません。そんなスタジアムの座席の製造に使用されているのが、ランクセスのポリアミド「デュレタン® (Durethan®)」です。ここで使用される材料には重量への耐性だけでなく、霰、氷、雪、日光などの天候への耐久性も求められます。このバケット状の座席は、鋭い角や継ぎ目ができない、射出成形技術によって作られています。

豊かな緑のために

Foto-6_LANXESS-IPG-Colortherm-Kunstrasen-Einfaerbung_neuテニス、フットボール、ホッケーなどのスポーツにおいて、競技場のコンディションが悪ければ世界レベルの競技を行うことは出来ません。人工芝の競技場は、常に安定したコンディションを保つことができるため、1980年後半以降、プロのフィールドホッケーの試合は、人工芝の競技場のみで行われてきました。滑らかなコート面は、より迅速なプレーと、より巧みなボールコントロールを可能にします。ポリオレフィンは、人工芝ブレードへの採用実績ある材料です。人工芝ブレードの緑色が雨や太陽光によって色褪せるのを防ぐため、多くのメーカーがランクセスの無機顔料ブランド「バイフェロックス® (Bayferrox®)」や「カラーサーム®(Colortherm®)」などを使用しています。さらに「バイプラスト® (Bayplast®) イエロー5GN0」を添加することで、より鮮やかで自然な色相をもたらします。また、ランクセスとサウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコ社による合弁会社ARLANXEO(アランセオ)が製造するEPDM(エチレン・プロピレンゴム)「ケルタン®(Keltan®)」は、人工芝グラウンドに用いられており、グラウンドに衝撃吸収性を持たせ、怪我のリスクを軽減します。

デザイン性と安全性のための顔料

黒色と淡灰白色のコンクリート敷石を敷き詰めたオリンピック・ウエイと呼ばれる大通りは、入口から15の競技会場を通り、三角形の形状をしたグラウンドの先端まで蛇行して続いています。波形に並べられた厚さ8㎝のコンクリート舗石は、ネグロ川とソリモンエス川(アマゾン川本流)の合流域を表しています。「水の出会い」をテーマにしたこのコンクリート敷石には、黒色酸化鉄顔料「バイフェロックス318」と「バイフェロックス340」が40トン以上使用されています。

オリンピック・ウェイに面し、大画面が設置されている公園内の大広場だけでなく、競技場周辺の閑静な区域にも着色されたコンクリートでのデザインが施されました。人目を引くこの赤色は、「バイフェロックス」顔料からつくられています。40×40×8センチサイズの透水性コンクリート舗石は、20トン以上の「バイフェロックス110」で着色され、スポーツパーク内12,000平方メートル以上ものスペースに敷かれています。このコンクリート敷石は高い透水性を備えているので、大雨の後に水たまりができるのを防ぎます。

スムーズな走りを支える

I_1_Leichtbauランナーにとって最も重要な靴。近年、その靴には、排出ガス低減を実現する車のタイヤに使用されている最新の技術と類似の技術が用いられています。タイヤの制動性能と経済性を両立させるシリカ配合技術は陸上競技にも応用されており、水で覆われてしまった陸上トラックでも優れたグリップ性能を発揮しています。ARLANXEO(アランセオ)が提供する「クライナック®(Krynac®)」は、特に耐久性と柔軟性に定評があります。
また、ランニングの際、足には体重の3倍もの負荷がかかるため、長距離ランナーは、関節の負担を軽減させるための特殊なクッションが必要となります。ARLANXEO(アランセオ)のエチレン・酢酸ビニルゴム(EVM)「レバプレン® (Levapren®)」などの最先端の高性能ゴムでつくられた靴のミッドソールは、弾力性と安定性を兼ね備え、足への衝撃を和らげます。

靴底、自転車部品、ボディ・プロテクター、ヘルメットなど、様々なスポーツ用品に使用されるため、材料に求められる特性も様々です。ランクセスが提供するオーダーメイドの「テペックス® (Tepex®)」製品ソリューションは、そんな様々な要求にお応えし、軽量化され最適な性能(荷重伝達や耐衝撃性など)を備えた部品の提供を実現、見た目にも洗練された高級感を与えます。

ボールが的確に役割を果たす

多くのスポーツにおいて、ボールは競技の最も重な要素の1つです。例えば、バレーボール、サッカー、バスケットボール、水球、さらには、新体操にもボールはなくてはならない存在です。世界有数のゴムメーカーであるARLANXEO(アランセオ)のブチルゴムは、特に定評があり、競技用ボールのエアブラダーの最適な材料です。この合成ゴムは特に液体や気体に対する不透過性を備えており、ブチルゴムは、自動車用タイヤ、自転車のインナーチューブ、ボールなど、湿気を遮断し空気圧を長時間保つことが重要とされる用途において重宝されています。

I_1_Golfballsブラジルのリオデジャネイロの夏季大会において、ゴルフが112年ぶりに競技種目として開催されます。これまで、同大会においてゴルフは1900年と1904年に開催されただけでした。ここでは小さな白いボールが主役となります。この硬いボールは、重さ45.93グラム以下、直径42.67センチメートル以上と定められており、長年にわたり、高度に開発された特性を持ち、技術的にも精巧なスポーツ用品です。長年にわたって、マントル、コア、ディンプル(表面の凸凹)に対して科学的試験が行われています。ゴルフボールのコアにもARLANXEO(アランセオ)の合成ゴムが使用されています。

安心してスポーツを楽しめるように

Saltidin3リオでの夏季大会で、ランクセスの貢献は競技場やスポーツ用品だけではありません。選手と観客を危険性のある蚊からも守っています。中南米においてジカウイルスが蔓延しているため、これは今のブラジルにとって特に重要なことです。ジカウイルスは蚊に刺されることで感染し、胎児に先天性異常を引き起こす可能性が指摘されています。渡航が避けられない場合として、アメリカの疾病予防管理センター(CDC)は、妊婦、授乳期間中の母親、生後2ヶ月までの乳児に関しては、特に活性成分イカリジン含有の虫除け剤を推奨しています。イカリジンは「サルチジン®(Saltidin®)」の商標名でランクセスが販売しています。